テーマ:思い出

日本の和服は素敵!?

よく晴れた日曜日、隣町の「文化センター」へぶらぶらと出掛けました。 中では「手縫いの技展」の開催中で、振袖姿の娘さんがにこやかに迎えてくれました。 和服の数々が展示されていて、ひろピーが子どもの頃着ていた昔懐かしいものもあり、じっくり見て回りました。 東京オリンピックが開催された年(1964年)に結婚したひろピーは寒い冬は…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

49年前、デートしたあの「場所」は?

11月14日、新宿区早稲田のお寺で、爺さんのお兄さんの三回忌法要があり、二人でお参りしました。 元気で一人暮らしを謳歌していた義兄との突然のお別れに、驚き、事後処理に追われている間に 丸二年が過ぎてしまいました。 8人兄弟の末っ子の爺さんは、事ある度にあれこれ頑張り役です。 我々もこれから先、何時どうなるか・・・、と色々と考…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

金沢で“中国の娘” と9年振りに再会!(その1)

9月末に中国・大連市の某大学で日本語教師をしているTさんからメールが入りました。 「お父さん、お母さん、お元気ですか! Tは9年ぶりに日本へ行くことになりました。 3週間の予定で、3人の教師が金沢の「NPO法人・日本海国際交流センター」から、研修に招待されました。 2日間だけ、フリータイムがありま…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

わあっ、サボテンの花が咲いた!

可愛い花が三輪咲きました! 10年前まで住んでいた練馬区の上石神井駅のホームに立つと、何時も目にし、気になっていたのが大きなサボテン。背丈は優に2メートル余りはあった。 保線区の建物の前に一本、毎年黄色い可愛い花が次々と開き、満開になった時は見事だった。 サボテンと言えば温かい地方で育つ植物と思っていたが、冬の雪の中でもしっか…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「中国から届いた切手」で「貼り絵」に挑戦!

ひろピーは、爺さんと二人で、この22年間、中国の学生や教師と「日本語交流活動」を続けてきた。 この間に、中国から届いた手紙や小包に貼ってあった「切手」をはがして保存していた。 その数は「138種類・約3,500枚」。 爺さんの「命令」で、この「切手」を使って「日中友好」を象徴する「貼り絵」作りに挑戦することにした。 「日本の国旗…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「46年前のマンドリン」 が、今!

かれこれ半世紀前、1964年12月、 結婚して初めての冬のボーナスで買ったのが、「電気炬燵」と「マンドリン」。 故郷を遠く離れて、毎夜帰宅の遅い爺さんを待つひろピーの為にと買ってくれた。 爺さんは1年前に東京の大学を卒業して、初任地である大分市に居を構えていた。 大分川沿いのアパートの二階が二人のスイートホーム。 京都府の…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more