今年も中国から「桔梗の根」のプレゼント!

日本に留学後、大連の母校の大学で日本語教師をしている
 spring さんから、また「桔梗の根」が届きました。
手にすると木のように硬く乾燥した、真白な「桔梗の根」です。
画像


箱の中には長~い手紙も入っていました。

 
     
    拝啓 
     中国と日本との間には暗いニュースばかりが流れていますが、こちら大連は
    真っ青な秋空がひろがっており、陽気なお天気が続いております。
    ご無沙汰しておりますが、お二人ともお元気でしょうか。

    たくさんの学生たちに元気と希望を与えてくださったお二人に感謝です。
    そして、日本は優しい方が多いすばらしい国だともっと多くの人に知ってもらいたいです。
    早く仲良くなってほしいです!
         ・・・・・・・・・・・・・・
     ひろピー先生のブログを拝見し、今回もワードではなくお手紙にいたしました。
    とにかく「書く」ことですね。
    黒板の板書でたまに字が思い浮かばない時があります。先生として失格ですね(苦笑)。
    これからできるだけ「書く」ように、こちらも頑張ります。
     ・・・・・・・
     国慶節(10月1日)の休みに田舎に帰ってきました。
    3年間待った桔梗がやっと大きくなったので、掘り起こし、天日干しに
    したものをお送りいたします。
    化学肥料とかも一切使っていないし、どうぞ安心して召し上がってください。

     祖母が山に咲いていた野生の桔梗の種を採ってきて、庭の周りに蒔き、3年経ちました。
    3年間、上品な白と紫色の花を花を咲かせて見る人の目を楽しませてくれます。
    3年経った後、今度は食卓にあがってまた人の味覚を楽しませてくれます。
    漢方薬の一種でもあり、ほんのりとした苦みが身体にいい!と思いながら
    感謝の気持ちを込めていただいております。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

早速、spring;さんに以前教えてもらった「桔梗のコチュジャン漬け」を作りました。
① 桔梗の根を一晩水に漬け、柔らかく戻す。
② 塩を振り、何度か揉み洗いし、灰汁をとる。
③ つま楊枝などで縦に裂いて、食べ易い長さに切る。
④ おろしにんにく、酢、コチュジャンであえる。
  一時間ほど冷蔵庫で冷やすと味が染みて美味しい。

画像


「きんぴら桔梗」
 きんぴら牛蒡と同じ要領で、削ぎ切りした桔梗の根をごま油で炒め、ニンニク、七味唐辛子、
醤油、みりんで味付けする。

    
画像


             シャキシャキした歯触りとほろ苦さは桔梗独特です


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一カ月後のspringさんからのメールで、
ご家族総動員での愛情いっぱいの「桔梗の根」だということを知りました

ちょうど兄も国慶節の休みで田舎に戻ってきたので、
まず兄に頼んで桔梗を掘ってもらいました。
ちょっと力仕事ですし、コツもあるのでこちらが掘るときれいに掘れずに切れてしまいます。
(掘る時鍬とかではなく、特殊な道具を使います。朝鮮語で「ツァン」と言います。)
兄が掘り出してくれた桔梗を今度は母にきれいに洗ってもらいました。
洗った桔梗をまた祖母に頼んで皮を剥いでもらいました。
それからまた母に頼んで干してもらいました。
特殊な干し方はありません。風通しのいいところに並べて天日干しにしただけです。
ちょうどお天気もよかったので、きれいな色に乾燥できました。
お天気が悪いとどうしても色がすこしくすんでしまいます。
みんな喜んで「協力」してくれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

springさんが日本に留学していた時は、いつも手作りの一品を持って訪ねてくれました。
料理が上手で、ひろピーの田舎料理を「おいしい!おいしい!」と言いながら、
きれいに食べてくれました。
三人でおしゃべりに花が咲いたあの日々が走馬灯のように思い出されます。

教えることが大好きで教師になった彼女です。
中国で日本語を学ぶ学生たちに「日本と日本人」を好きになってもらえるよう
大学でのご指導を頑張って下さい
老夫婦も「日本語交流活動」ガンバります!


 にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 58

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年12月09日 12:07
ニュースの映像で垣間見る中国の映像に恐怖心ばかり煽られてしまい、ついつい心が遠のいてしまいそうになっていましたが、ひろピーさんのまわりのほのぼのとした空気が伝わってきて、やはり自分の目で見て、心で感じ、確かめたことだけを自分の頭の中の引き出しにいれなくてはと思いました。
ちょっと反省しました
2012年12月09日 13:08
日中間の難問解決して、
真の友好国になると嬉しいですね。
桔梗の根っこが食べられるなんて凄い。
とても美味しそうですね。
2012年12月09日 20:18
ありがとうございます。
メディアから入る情報が多すぎて、理解や判断に苦しむことが
いっぱいありますね。
本当に複雑な世の中になってきました。
国は違っても、人との交流を重ねることでお互いを知り、
理解しあい、いつの間にか強い絆で結ばれていくように思います。
どの国にも色々な人がいるということを心に

2012年12月09日 20:26
日中が友好国になれるよう、若者たちに期待しています。
桔梗の花は大好きで、切り花や鉢植えを楽しんでいましたが、
根っこを食べるのは4年前に中国の留学生の手みやげで
初めて知りました。
美味しいですよ!
2012年12月10日 07:51
読んでいて とても心温まる気持ちがしました。
一部の人間だけだとは聞いていましたが、私たちにそれを知る術はないです。
心と心の通じ合う日が早く来てくれる事を祈りたいと思いました。

しかし、桔梗の根が食べられる物だとは知りませんでした。
最初は植えて花を楽しむのかと思っていましたが、読み進むうちに驚きました。
良い勉強になりました。
2012年12月10日 09:32
ありがとうございます。
人との出会いを第一印象だけで決めてしまうと
後悔することが多々ありますね。
お付き合いするほどに心と心が通じ合い、強い絆が
繋がるように思います。

桔梗の花は目で楽しみ、癒され、
根は漢方薬や料理で健康に!
ひろピーは留学生たちに色々教えられています
2012年12月10日 13:00
ひろピーさん こんにちは♪

お久しぶりです。お元気でしたか。
時々覗かせて頂きましたが どうされているかと思っていました。

国と国との間には難問が山積ですが 民間の御付き合いは
大事にしたいですね。

桔梗の根が食べられるとは知りませんでした。
教え教えられる事がありますね。
2012年12月10日 19:01
こんばんは。中国のご家族総動員で採れた桔梗の根のお話しが素晴らしいですね。
政治的な問題もあって中国とはもう仲良くしなくてもいい・・なんて最近思いがちでしたが、ひろピーさんのブログを読ませていただいてとても心温まりました。
日本と日本人を好きになってもらいたいですし、私たち日本人ももっと中国のことを理解していきたいと思いました。ありがとうございます。
2012年12月10日 21:47
何かと問題の多い中国との関係で、報道されるのは激しい対立ばかり。その一方で個人と個人の関係は優しく、暖かいものが多いですね。
長年培われてきたひろピーさんご夫妻の努力のたまものだと思います。
springさんご家族の愛情のこもった桔梗の根。おいしさもさらに増えたことでしょう。
あざみ
2012年12月11日 00:23
日中関係が悪化と言うのは
メディアが大袈裟に報道するからで
あって本当はそれほどでもないと上海の友が
言っておりました。
ひろピーさんは中国の教え子さん達と素晴らしい関係を
築いていらっしゃいます。
もっとこう言った関係を広めて欲しいものです。
良いものを頂きましたね。これもひろピーさんの人徳ですね。
2012年12月12日 08:12
おはようございます。
素晴らしい交流ですね。心が温まります。
国としての中国、国としてのロシアは本当に難しい。
個人レベルでは人間同士のおつきあいができるのに、国対国になるとどうしてもこじれてしまう。。。
関係が一日も早く改善されることを祈りたいです。
2012年12月13日 11:08
素晴らしいお仕事です!!
よくなさいましたね。
益々の発展を祈ります。
桔梗って、日本でも咲く花ですか?
勿体なくて食べられませんが、頭に入れて置きます。
2012年12月13日 13:37
本当にお久しぶりです。
このところ色々あり過ぎて・・・、
頑張っているつもりですが、何を成すにも
時間がかかるようになりました
気持ちだけは前向きで、明るく、元気に!です。
桔梗の根、食べるほどの量の栽培は大変ですね。
でも体にはいいようです。
出会いから、教えられることがいっぱいです
2012年12月13日 13:42
「桔梗の根」から、色々なことを感じていただいて、
本当にうれしく思います。
おっしゃる通り、お互いの「国と人」をもっともっと
理解しあえれば、自然に仲良くなり、
友好なんて言葉もいらなくなりますね。
2012年12月13日 14:00
ありがとうございます。
ひろピー夫婦は24年間の日中交流活動で、
springさんのような素敵な人たちとの出会いが
たくさん出来ました。
「桔梗の根」と「けんちん汁」でさらに強い絆が
これからは両国の若者たちに、大いに期待しています。



2012年12月13日 14:08
ありがとうございます。
中国から届いた愛情いっぱいの「桔梗の根」は
キラキラと宝物のようです
小さな草の根の交流も、たくさん集まれば大きな力に!
一人でも多くの若者たちに日本を好きになってほしいものです。
老夫婦ももうしばらく、頑張らなくては!
2012年12月13日 14:16
ありがとうございます。
国と国との関係が難しくても、人と人との信頼関係が
しっかりしていれば、いずれは何とか
希望を持って、少しづつですがッ強い根っこ作りを
頑張っています。
多くの人たちの温かい応援のお陰で、ここまで来れました。
2012年12月13日 14:22
ありがとうございます。
springさんの話だと、山に咲く野生の桔梗の種を
自宅の庭(畑?)に蒔いて育てたようです。
3年も待つのですから大変!
広い庭か畑が必要ですしね。
ひろピーには無理です
2012年12月14日 20:29
こんばんは。
 いつもおいでいただき、ありがとうございます。
 記事を読ませていただき、昨年の夏に大連に出かけたことを
 思い出しました。

 ベランダの稲刈り、すてきですね~
 大連のみなさんに、とても親切にしていただきました。
2012年12月15日 09:21
おはようございます。
ひろピーさんの周りは凄く素敵な方々が
いっぱいで、なんだかこちらまで
嬉しくなります。

桔梗の根も身体に良いのですね。
ミルキーは食べられることすら知りませんでした。
「桔梗のコチュジャン漬け」「キンピラ桔梗」
美味しそうですね。
これは真似できないのが残念です。
2012年12月17日 13:37
「百聞は一見に如かず」、
大連の人たちといい出会いが出来て
本当に良かったですね。
「ベランダで米作り」は、ほんの真似ごとですが、
一粒のお米の大切さを実感しています。
2012年12月17日 13:42
二人だけのささやかな活動ですが、
お陰さまで沢山の人たちとのいい出会いと
交流が深まりました。
食生活の違いの新発見も多く、楽しいものです。
2012年12月24日 11:35
桔梗って青紫の花の根ですか?
食べられるんですね!
今、日中は難しい時ですから、こういう友好ルート
って大切に感じます。
パソコンの日々ですがペンで書くってのも習慣化しないと
退化しますね!
10年日誌続けていますが、少しサボリ気味です。
いい話聞きました。
2013年01月01日 20:35
いつもご訪問いただきありがとうございます。
日中友好、このところ本当に難しくなりました。
でもいつかは、きっと、との思いで交流活動を続けています。
字を書く機会が本当に少なく、
今は「5年日誌と天声人語の書き写し」だけで、
フーフー言ってます。