歩け!歩け!「平城宮跡」巡り!   (179)

京都滞在最後の6月18日。
残る半日を有効にと、急きょ「平城宮跡」を訪ねることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年は、奈良の平城宮跡で「平城遷都1300年祭」が賑やかに執り行われました。
西暦2010年は、奈良の都 平城京の誕生から1300年
日本の歴史・文化が連綿と続いたことを祝ってのお祭でした。
これは江戸時代の末に、北浦定政(きたうらさだまさ)による平城京の研究が行われて
以来、多くの人々が継続して発掘調査・研究を続けた賜物。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝から小雨が降る京都駅から近鉄奈良線で大和西大寺駅へ。

駅に降り立ちましたが平城宮跡を記す「案内板」は見当たらず、
駅員さんに尋ねると「その道路を少し行くとすぐ前方に見えます」とのこと。

雨の中、自動車道を車が数珠繋ぎにに走る側の細い歩道ををテクテク歩いて20分 
やっとそれらしき建物が見えた時はホッとしました。

画像

あとで分かったのですがこの建物は「大極殿」の裏側でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「大極殿」側の門は閉鎖されていて、また他の入口を求めて歩くことに。
「う~ン、広い!」やはりここは古の奈良の都でした。

画像



《見取り図》
平城宮跡の見取り図を見てやっと分かりました。
正門は遥か遠くの「朱雀門」だったとは 
画像


画像


《電車が!》
雨でぬかるんだ道を歩いて、やっと朱雀門が目の前に!と思ったら、
踏切があり電車がやってくるではありませんか。

平城宮の敷地の中を電車が横断するとはびっくり!
画像


この敷地は元は「田」だったそうで、「草刈り」が進められていました。
広い敷地のあちこちに小鳥が巣を作っているようで、ピーピー鳴く声や、飛び立つ姿が。
画像


《朱雀門》
平城宮の正門です。平成10年(1988年)に復元。
間口25m、奥行き10m、高さ22m、二重の屋根。
平城宮の周囲は大きな築地塀で囲まれ、12の門がありました。
中でも朱雀門は特に立派。
画像


朱雀門から、はるか遠くに大極殿が見えます。
ボランティアの案内人さんから詳しい説明を受け、記念にツーショットを!
画像


《遣唐使船》
朱雀門のすぐ近くに「復元船」が展示されていました。
全長約30m。マスト(帆柱)の高さは約15m。帆は折りたたまれている。
 894年に遣唐使が停止されてから、時を経て平安末期に描かれた奈良時代の遣唐使船で、
現存する絵画資料の中で最も古い遣唐使船の絵をもとに、復元された。
画像


《大極殿》
宮殿の中で最も重要な建物で、即位の儀式や元日の朝賀には天皇の玉座である
「高御座(たかみぐら)」がおかれました。
間口44m、奥行20m、屋根の高さ27m。
復元には9年の歳月をかけ、平成22年に完成。
画像


《高御座(たかみぐら)》
国家儀式の際に天皇が着座した玉座。
画像


《飾り玉》
大極殿の周りの柵には色とりどりの飾り玉が。
画像画像画像


円柱形に刈り込まれた植木がズラリ
画像


植木越しの大極殿も美しい!
画像

第二大極殿跡?
画像


不思議な形の木の「ベンチ」?
画像


帰りに西大寺駅への途中にある「平城京資料館」に立ち寄り、
発掘調査の出土遺物や宮殿内の暮らしの復元展示物などを見学しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本が世界に誇る歴史文化遺産「平城宮跡」(特別史跡・世界遺産・国営歴史公園)の地をこの足で、
踏みしめ、目で確かめてきました。
半世紀にわたる「発掘と研究」「保存と復元」で、
平城京の建設と国づくりにかけた人々の情熱と知恵に触れて、感動!

学生時代に歴史の教科書で学んだ知識はどこへやら・・・
この歳になって、現地に赴き、歴史に触れると、
ああ~、もっとしっかり勉強しておけばよかった・・・・と反省ばかり 

    今回は二人でよく歩き (2時間半で約12,000歩)、
                     充実した、楽しい旅となりました 


人気ブログランキングへにほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

カト
2011年07月11日 22:34
こんばんわ
同じ日本の中・・・
ヒロピーさんの素敵な写真を見てカトもここにいるようなそんな感じです
ツーショットいいですね
2011年07月12日 09:38
歴史散歩、古(いにしえ)にふれるのも
いいものです、感動が伝わりますが、
よく歩かれましたね、感心しました。
2011年07月13日 23:16
去年の母との旅行は奈良の信貴山でした。
その帰りにkari も行きました。
母が一緒だったので催し開場だけで諦めました。
セントくん、最初は不気味だと思っていたけれど、現地にいくと可愛く(?)感じたのはなぜでしょう
2011年07月14日 11:11
平城京旧跡へようこそ!
古の都に立った気分に嬉しいこと!
この歳になって、ツーショットが自然体に
2011年07月14日 11:15
ありがとうございます。
いい旅になりました。
夢中になっていると体力の限界を忘れていて
帰宅してからが大変です

2011年07月14日 11:22
kariさんはお母さんとよく旅行なさるようですね。
お母さんはお幸せ!
セントくん、今回はお目にかかれませんでした。
当時は色々言われましたが、
いつの間にか馴染んでしまって、可愛いものですね。
あざみ
2011年07月18日 23:50
平城京跡地は3年前の夏にいきました。
とにかく広くておまけに大きな木が全然ありません。
木陰を探して一休みしたものです。
大極殿と朱雀門の間を近鉄電車が走っております。
最初電車の窓から同じものを見ていると思ったものです。
行きも帰りも座席を左右変えても見えるので、勘違いかなと思ったのです。
充実した奈良の名所巡りでしたね。
2011年07月19日 07:48
お早う御座います。(^^♪

今年の春、山の辺の道を歩いた時、最終地点として
大極殿まで歩きました。到着した時間が大極殿閉館の
間際だったので、ゆっくり解説も聞けませんでしたが
なにしろ広い所でした。ひろピーさんの解説でよく解りました。
遣唐使船の所にいた、セント君も可愛かったです。
お二人のツーショット記念になりますね。
2011年07月19日 09:11
先日は気持ち玉有難うございました。
素敵な旅をなさったようで、良かったですね~。
2011年07月23日 08:05
あざみさん、ありがとうございます。
また、あちこち出掛けておりました。
あざみさんのブログで拝見したあの賑やかな
平城旧跡の様子を頭に・・・、訪問しましたが、
平日とあってか閑散としていました。
お陰で奈良時代にどっぷり
2011年07月23日 08:17
はるわかさん、ありがとうございます。
山の辺の道を歩いて大極殿まで
はるわかさんの健脚ぶりにはいつも感心しています。

平城旧跡の敷地内をうろうろしただけで
フーフーのひろピーです・・・
でも、充実した旅でした。

ありがとうございます。
お陰さまで思い出深い旅になりました。
「夕顔とひまわり」に負けないよう、
今夏を元気にお過ごしくださいね。
2011年07月24日 22:28
いつも仲よしご夫婦ですね。
愛してる!なんて言葉が聞こえてきました。
私も奈良へ行く計画でしたが、ご存知の通り・・・
ひろピーさんのこのブログを参考にいつの日か出直します。
2011年07月27日 10:13
ハッピーさん、ご主人さんのご退院おめでとうございます!
「第3腰椎破裂骨折」だったとは大変なことだったのですね。
これから2ヶ月はコルセット生活とのこと。
これからがハッピーさんの本当の出番のようですね。

ハッピーさんは遠距離恋愛は収束?
これからは近近距離恋愛を!
そして一万回のありがとうを!

奈良旅行もご一緒に。